Instagram

ブログブログ

WEB予約WEB予約

診療の流れ診療の流れ

子育て世代の方へ

Parent

  • Home
  • 子育て世代の方へ

お子様と一緒に通院し
ていただけます

お子様がいるからと歯科医院に通うのをためらっていませんか?子育て中だと、どうしても子ども優先になってしまいますが、お父さんお母さんのお口の健康も大切です。大阪市北区南森町カツベ・こども矯正歯科では、親御さんもお子様もご家族全員が通いやすい歯科医院づくりをしています。お子様が楽しみながら通院できる歯科医院を目指して、さまざまな取り組みを行っていますので、お気軽にご来院ください。

子連れでも安心して通える歯科医院を目指して

子どもがいるからと歯科医院への通院を諦めていませんか?

子どもがいるからと歯科医院への通院を諦めていませんか?

「子どもを家において歯医者に行けない」「子ども連れは歯医者に迷惑になるのではないか?」と歯科治療を諦めてはいませんか?南森町カツべ・こども矯正歯科では、お父さんお母さん、お子様の家族みんなが通いやすい歯科医院づくりを目指しています。

お父さんお母さんは、子育てが忙しいとついつい自分のことを後回しにしがちです。しかし実はお子様の健康のためにも、お父さんお母さんご自身の歯の健康が大切です。患者様それぞれのライフスタイルに合わせた治療方針をご提供しますので、安心してご来院ください。

子どもの歯は「今」
がとても大切です!

子どもの歯は「今」がとても大切です!

お子様の乳歯がむし歯になっても「生え替わるから大丈夫」と思われていませんか?子どもの頃は特にむし歯にかかりやすく、乳歯がむし歯になると、あとから生えてくる永久歯もむし歯のリスクを負ってしまいます。乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすく、一度発症すると進行が早いのが特徴です。できれば、むし歯の痛みをお子様に経験してほしくはありません。

子どもの頃からむし歯になりにくい生活習慣やセルフケアを身につければ、お子様の生涯を通したお口の健康を守ることができます。お子様のお口だけではなく、健全な成長発育のためにも、幼い頃から歯科医院に通うことが重要です。

南森町カツべ・こども矯正歯科では、予防歯科を大切にしています。正しいブラッシングの指導と、むし歯になりやすい悪い習慣や癖を治すサポートをします。セルフケアともに、お子様の明るい将来に向けて「むし歯ゼロ」を一緒に目指しましょう。

歯と食事はつながっている!
「食育」の重要性

歯と食事はつながっている!「食育」の重要性

「食育」とはただ食べるだけではなく、健康につながるようにバランス良く、そして楽しく食べ物に感謝しながら食事をする意識を持つことです。お口の健康は毎日の生活習慣と密接に関係しているため、正しい食生活を子どもの頃から身につけることが重要です。「やわらかい物ばかり食べない」「バランス良く、規則正しく食べる」「よく咬んで、ゆっくり食事する」などを実践しましょう。

子どもの頃は、特に咬むことが大切です。咬む回数が減ると、顎の成長が促されず、唾液の分泌量が減ったり、むし歯や歯周病のリスクが高まったりする可能性があります。当院ではお子様の年齢に合わせて、お口の健康につながる食育のアドバイスをいたしますので、お気軽にご相談ください。

南森町カツベ・こども矯正歯科 3つの柱

モグモグクラブ 
~マイナス1歳からの赤ちゃん歯科教室~

モグモグクラブ ~マイナス1歳からの赤ちゃん歯科教室~

  • 妊娠中の口腔ケア
  • 妊娠中の食育
  • 赤ちゃんの口腔ケア
  • 離乳食教室

ハッピークラブ 
~むし歯のない子どもたちを守る~

ハッピークラブ ~むし歯のない子どもたちを守る~ハッピークラブ ~むし歯のない子どもたちを守る~ハッピークラブ ~むし歯のない子どもたちを守る~
  • 3ヶ月に1度の定期検診
  • ハッピースタンプを貯めて素敵なプレゼント
  • ガチャガチャでおもちゃゲット

スタークラブ 
~キレイな歯並びで輝く笑顔を育む~

スタークラブ ~キレイな歯並びで輝く笑顔を育む~スタークラブ ~キレイな歯並びで輝く笑顔を育む~
  • マイオブレース・アクティビティを用いた原因にアプローチする矯正治療
  • アクティビティ目標達成で星を集めて素敵なプレゼント
  • クラブ創立の目的

クラブ創立の目的

歯科医院は歯を削ったり詰めたりするところではなく、健康な歯をむし歯から守る・予防するところです。クラブは、お子様の健康でむし歯のない永久歯をつくるために創立されました。

お子様の健康なお口を守るためには、「予防」が何より大切です。むし歯になった歯は削ることで治療はできますが、削った部分は二度と元には戻りまません。そのため悪くなってしまったものを治すよりも、良い歯の健康状態を維持することが重要です。

クラブには「むし歯ゼロを目指して、子どものときからきちんと予防してお口の健康を守りたい」という願いが込められています。

妊娠中の方へ

妊娠中の方へ

妊娠中は歯科治療が受けられないと思っていませんか?妊娠するとお口のトラブルが起きやすいうえ、妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にもリスクを与えますので、しっかりケアすることが大切です。

つわりがあると、食べられる物が限られたり、食欲不振・吐き気を感じたり、反対に何かを食べ続けたりして、食生活が変化します。歯ブラシを咥えるだけで吐き気がすることもあり、またそもそも気分が優れなくて、口腔ケアが後回しになることもあります。加えて、妊娠するとホルモンバランスが変化し、お口の環境も変化するうえ、体調も作用してむし歯や歯周病にかかりやすくなります。

妊娠中にむし歯になってしまうと、食生活の変化に加え、バランス良くおいしく食べることがさらに難しくなります。さらに心配なのが歯周病です。歯周病が悪化すると早産や低体重児出産のリスクが高まります。そのリスクは、喫煙やアルコール、高齢出産と比べてもはるかに高いといわれています。

生まれる前からのむし歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯の原因菌はいません。しかし、生活をしているうちに、周りの大人の唾液に含まれる細菌がうつります。特に赤ちゃんと長い時間を一緒に過ごすママからうつりやすいので、赤ちゃんが生まれる前から、妊婦さんはお口の健康に気をつけることが大切です。

さらに赤ちゃんの歯の芽は、ママのお腹の中にいるときに作られ始めます。口腔ケアや食生活のケアは妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんにも影響します。赤ちゃんが生まれる前のマイナス1歳から、むし歯予防をしましょう。

当院ではWeb予約を行っています。
歯に関するお悩みを抱えている方はお気軽にご相談ください。

WEB診療予約

トップに戻る